平日の昼間にジムに行く利点をまとめてみた

こんにちは。

今週の月曜日から、平日の昼間にジムに行くことにしました。

全ては、年始に立てた目標達成のため。

今はモチベーションが高いので、ジムに行く途中の足取りも軽やかです。

今日は平日の昼間にジムに行く利点をまとめたいと思います。

参照:今年は身体を作り直す一年にする

参照:人生初のジム通いを始めるよ

利点① 何と言っても空いている

僕は人混みがとにかく苦手です。

満員電車はもちろんダメだし、混んだエレベーターもできれば乗りたくない…。

渋谷や新宿に行った日には、その日一日酷い頭痛がするくらいです。

そんな僕には、平日のジムはまさに天国。

いても5人ほどなので、ほとんどストレスを感じません。

利点② 天候に左右されない

以前、外を走っていたときは、頑張って早起きしたのに、雨が降っていて走れないなんてことが多々ありました。

せっかくの「やる気」も、これだとどっかに行ってしまいます。

一方、ジムでのトレーニングは天候に左右されないのでとても快適です。

天気を心配せずにトレーニングできるって、些細なことかもしれませんが、本当に素晴らしい。

利点③ 座りっぱなしの業務からの解放

普段パソコンでの仕事なので、業務時間中はほぼ座りっぱなしです。

これは明らかに体に良くない。

そんな中、40分でも走ることで、とにかく体がスッキリします。

利点④ 頭がスッキリする

走り終えたことで、満足感が得られ、またシャワーを浴びることで、とにかく頭がスッキリします。

このスッキリした状態で午後の業務を行うので、作業効率も上がります。

利点⑤ 心拍系のトレーニングもできる

トレッドミルの最大の利点である「速度を調整できる」は、心拍系のトレーニングをするのにもってこいです。

外を走っていると「ちょっと疲れたなぁ」と思ったら、無意識にペースを落としてしまいます。

人間、ラクな方に流れがちです。

が、、トレッドミルは容赦なく床が回転するので、ペースを落とすことが許されません。

これが心拍系のトレーニングにもってこいです。

まとめ

職場の近くにジムがある方は、昼ジムを検討してみてはいかがでしょうか?

ダラダラとネットを見ながら昼食を食べるくらいなら、思い切ってジム通いを始めることをおススメします。

習慣にすれば、きっと多くのモノが得られるはずです。