商標取得!そして特許についても相談してきたよ

こんにちは。

昨日、商標登録料を収めに特許庁に行って来ました。

特許庁のホームページはこちら

 

参照:「ゆびろくろ」の商標登録に行って来ました

参照:商標登録のその後

参照:「ゆびろくろ」商標登録の進捗報告

参照:「ゆびろくろ」商標登録の進捗報告 その②

参照:「ゆびろくろ」商標登録の進捗報告 その③

商標登録料の納付

特許庁に到着したのは12時少し前。

まずは窓口で書類を見せて相談したところ、書類の記入と収入印紙の購入が必要とのこと。

▼登録料納付についての書類。一括で納めたので、1(申請した区分数)×28,200円となります。

僕が申請した区分の数は1つだったので、28,200円分の収入印紙を購入し、それを貼った書類を再び窓口へ提出して手続きは完了しました。

本当に簡単な手続きだったので、何だか拍子抜け。

▼書類の書き方。この種類は窓口でもらえますので、記入後に収入印紙を貼って出せば手続きは完了!本当に簡単。

これで10年間、「ゆびろくろ」という名前は僕が使えることになります。

ついでに特許の相談もしてみた

特許庁には相談窓口があり、様々な相談に親身になって対応してくれます。

僕は興味のあった特許についていろいろと質問してみました。

僕が一番聞きたかったのは、「特許が取られた製品を組み込んだ物でも特許の取得は可能か?」と言うこと。

相談員の方は「それはもちろん可能です。例えばカメラなんて他の特許をたくさん使って作られています」と。

「ゆびろくろ」について、特許取得が可能かどうかを動画を見せながら聞いてみました。

こちら、残念ながらこのブログ上で1年以上前に仕組みを公開しているので、新規性がないと判断されるそうです。結果、「特許の取得は難しいでしょう」…とのことでした。

特許の調べ方を教えてもらう

相談員さんへの質問を一通り終え、特許の調べ方を教えてもらいに別室に移動しました。

パソコンがたくさん並んでいる検索ルームのような場所です。

ここでも係の方が丁寧に対応してくれて、特許の調べ方を教えて頂きました。

キーワードを「ろくろ」と「轆轤」にして検索をかけたところ、たくさんの特許が出てきました。

中には「えっ、これで取れるの?」と思ったものもありましたが、特許は「取れる」「取れない」ではなく、「取りたいか」「取りたくないか」の世界だと感じました。

特許庁の地下にある食堂が意外に良かった

いろいろと相談をしていたら、13時近くになってしまったため、特許庁の地下にある食堂で昼食を取ることにしました。

こちらの食堂、500円ほどで定食を食べることができます。

安いし、美味しいので、もし特許庁にお出かけの際は、寄ってみてください。

まとめ

「ゆびろくろ」の商標が取れたことが本当に嬉しい。
そして、ゆくゆくは特許も取ってみたい。弁理士さんにお願いをせずに。

いろいろと夢が膨らんだ特許庁への再訪でした。