小さな器を作る道具を紹介するよ

こんにちは。

今日は普段使っている道具を抜粋して紹介していきます。

まずはこちらの動画を見て頂ければ、この記事がより分かりやすく読めると思います。

 

僕は普段、こちらの道具を主に使っています。

こちら、順番に説明して行きます。

①石膏板

ゆびろくろに装着し、この上に粘土を置いて形を作って行きます。

出来上がったら、また新しい石膏板をセットすれば良いので、本当に楽チンです。

参照:小さい器を作るときには、石膏板がとても便利

②豆腐の空き容器

これに水を入れて、使っています。

汚れたらそのまま捨てればよいので、かなり重宝しています。

③洗い物用のスポンジ

使い古した洗い物のスポンジです。

それを細かく切って使っています。

こちらは目が粗いので、粘土に当てるとスジが付いてしまいます。

しかし、形を大きく変えたいときなどは、重宝します。

④化粧用のスポンジ

こちらは、化粧用の目が細かいスポンジです。

仕上がり間近の器に当てるとスムーズな肌に仕上がります。

⑤目打ち

こちらは裁縫用の道具で、「目打ち」というらしいです。(知りませんでした…)

こちらはユザワヤさんで購入しましたが、100均でも売っていると思います。

余分な粘土を切るときに、重宝します。

⑥アイスの棒

食べ終わった後のアイスの棒です。

この絶妙なカーブが良い感じです。

滑らかなカーブが欲しいときなどに使っています。

⑦竹串

これは石膏板と粘土を分離させるときに使います。

このとき堅い素材のものを使うと、石膏板にキズが付いてしまいますが、竹串だとそれほどキズはつきません。

⑧100均のマドラー
⑨100均のマドラー

こちらは100均のマドラーをカッターで加工しています。

簡単に好きな形を作れるので、こちらも重宝しています。

参照:コテを自作してみました

参照:欲しい道具は、まず手作りで

⑩竹串にビーズ(小)
⑪竹串にビーズ(大)

こちらは、子供のおもちゃを使って作りました。

これもなくてはならない道具です。

参照:子供のおもちゃでコテを作ったよ

まとめ

このように、欲しいものは手作り、もしくは100均を使っています。

道具作りも含めて「陶芸」と考えると、より楽しめると思います。