本焼き中の備忘録

こんにちわ。

本焼き中の豆窯ですが、温度がかなり下がってきました。

今日の夕方、もしくは明日の朝には窯を開けられると思われます。

ああっ、ドキドキが止まらない。うまく焼けていますように!

さて、忘れないうちに本焼き中に気が付いた点をまとめて行きます。

一番気になったのは匂い

そんなに強烈ではありませんが、やはり匂いは気になりました。

狭い部屋に設置してあるので、ちょっと匂います。

そしてその匂いは、わずかな隙間を通り抜けて、我が家全体に広がっていました。

こちらは窓を全開にすることで、抑えることができました。

部屋でやるにはいろいろと気を遣いますが、それほど気にならない程度の匂いだったので、まずは一安心。

最高温度近くでも、窯には触れる

最高温度の1230度近くになって、窯の上部に触れましたが、それほど熱くはなく、普通に触ることができました。

間違って子供が触れてしまっても、大事には至らないはず。でも、窯焚き中はしっかりとリスク管理することが大切だと再認識です。

温度は上がるときの方が早く、ゆっくりと冷めてくる感じ

窯焚きをしたとき、温度は急激に上がる感じですが、最高点に達した後は、緩やかに冷めてくる感じです。

6月17日の午後11時くらいに窯に火をいれましたが、6月19日の7時で300℃くらい。

こちらも素焼したときと同様に、タイプラプスで様子を録画していますので、後ほどこちらにその動画をアップし、分析してみる予定です。

まずはこのくらいでしょうか。

こちらは随時アップデートしていきます。