副業をやっている人は、家族を共犯にすると良いかもという話

こんにちは。

今日はいつもと異なり、「どうやったら家族の目を気にせずに趣味を続けることができるか?」について書いて行きたいと思います。

本業とは別に入ってくる収入について

現在僕は会社員の収入とは別に、いくつかの収入のルートがあります。

しかし、収入を増やすために頑張ったという感覚は一切なく、好きなことを続けていたら、結果として今の状態になっていました。

ここで会社員以外の収入のルートについて整理したいと思います。

  • ①BASEで器の販売
  • ②ゆびろくろの委託制作
  • ③YouTubeの広告収入
  • ④ブログの広告収入
  • ⑤企業から依頼された年4回の報告書の制作
  • ⑥展示会への出展
  • ⑦ミニチュア陶芸教室
  • ⑧お店での器の委託販売

現状主なルートは8つ出来たことになります。

それぞれの収入はスズメの涙ほどだけど、合算すると材料代はまかなえる

ルートは8つありますが、それぞれの収入は微々たるものです。

しかし、それらを合算すると諭吉さん数人分くらいにはなります。

ここで入ってきた収入は、ゆびろくろの開発や粘土や釉薬代にほぼ消えてしまいます。

収入の何割かを家族に還元するという意識を持つと、家庭内での活動がしやすくなる

先月、入ってきた収入で、家族で焼き肉に行って来ました。

家族4人でお腹一杯飲み食いして、支払いは陶芸関係の収入で済ませました。

全員の満足度はものすごく高く、「また行きたいから、パパ頑張ってね」と言う空気になりました。

自分だけが楽しい趣味から、一歩進んで家族が幸せになる趣味にシフトする

僕は現在趣味がたくさんあります。と言うかある方だと思います。

  • 陶芸
  • 釣り
  • フットサル(サッカー)
  • マラソン
  • バイク(これはいずれ再開させたい趣味)

どれも個人で楽しむような趣味が多いですが、これらを家族と一緒に出来ないか、何とか工夫してみる。

  • 陶芸⇒得た収入で美味しいものを食べに行く
  • 釣り⇒家族で行ったり、子供の友達家族と一緒に行く
  • フットサル(サッカー)⇒子供の友達家族でチームを作る
  • マラソン⇒子供と一緒に走る
  • バイク(これはいずれ再開させたい趣味)⇒子供と一緒にキャンプに行く

こんな感じで個人的な趣味を家族が楽しめる趣味にアップデートできたなら、楽しく無理なく自分の趣味を続けられるのかなぁと思います。