朝作業をするようになったら、作業が捗るようになった話

こんにちは。

今日は、早起きをして朝から作業をするようになったら、作業が捗るようになったという話を書いて行きます。

時間がない問題が解決された

平日は会社員として勤務しているので、作業をする時間があまり取れません。

家にいても家事や育児等があるので、15分捻出するだけでも至難の業。

そこで5時過ぎに起きるようにしたら、家族が寝ている時間は本当に作業が捗る。

思考を切らさなくて良いので、気持ちよく作業が進みます。

朝に作業を終わらすと、精神衛生上とても良い

朝作業を終わらせると、その日一日気持ちよく過ごせます。

「これやらなきゃ」や「あれもやっていないや」と言った感じのことが頭から離れます。

これは本当に清々しい。

起きるコツは前日にやることを決めておくこと

最近は目覚ましなしでも起きれるようになりました。

単純に年を取ったから、夜あまり眠れなくなったということもあるのですが、前日にやることを決めてから寝るのが大きいと思います。

やることがクリアになっていると、「ちょっと起きるの嫌だな」と思っても、机に向かうことができます。

モーニングルーティーンを決めるのも◎

僕は朝起きたらすぐにお湯を沸かして、コーヒーを淹れるようにしています。

この一連の動作が頭を目覚めさせてくれ、やる気を注入してくれます。

朝、起きれない方は自分なりのモーニングルーティーンを決めることをおススメします。

頑張っている人の話を聞く

最近はキングコング西野さんの音源を良く聞いています。

西野さんの考え方はとにかく参考になり、また自分の作品に真摯に、それこそ命を懸けて対峙している姿にとても刺激を受けます。

↓のYouTubeの音源は、何度聞いたか分かりません。

やる気が出ないときは、これらの音源を聞いて、モチベーションを上げています。

まとめ

朝作業すると作業が捗るよねって話でした。

これからも日々コツコツと自分の作品に向き合い、「誰もやらない非効率なことを真剣にやっていく」ということを意識して、活動をして行きます。