「ゆびろくろ」の作り方まとめ その① ~土台の組み立て~

こんにちわ。

「ゆびろくろ」ですが、「改・零号機」の製作に着手しました。

「零号機」は日々いろいろと試行錯誤しながらの製作だったので、手順をメモしていく余裕はありませんでした。

しかし「改・零号機」は、ベースとなるものがあるので、製作するにあたり心にゆとりがあります。

そこで、これから数回に分けて、製作の方法をまとめていきます。

土台を作る

まずはギヤボックスを乗せる土台を作って行きます。

準備する素材ですが、

  • タミヤ 透明ユニバーサルプレート(2枚セット)×2セット

  • 3mm径のネジとナット
  • タミヤ 4速パワーギヤボックスHE

になります。

▼ヨドバシカメラにて購入した素材たち。左から、ユニバーサルプレート、電池ボックス、トルクチューン2モーターです。

ユニバーサルプレートの組み立て

まずはユニバーサルプレート×2袋を使用して、土台を組んでいきます。

▼ユニバーサルプレートを下に敷き、左右に「軸受け材」を置きます。

▼プッシュリベットで「軸受け材」を固定します。左側も同様に固定します。

▼プッシュリベットで「軸受け材」にユニバーサルプレートを取り付けます。

▼反対側から見るとこんな感じです。

▼3mmのボルトとナットでさらに固定します。片側2か所。

▼左右両方にユニバーサルプレートを取り付けたら、土台が完成です。

▼ギアボックスを固定したところ。(ギヤボックスの組み立て方は別途説明します。)

▼反対側から見たところ。

これで土台は完成です。

まとめと次回のお知らせ

組み立てにかかる時間は30分ほどです。

ここまでは簡単ですが、プッシュリベットとネジ・ナットで固定する位置が大切になってきます。

※プッシュリベットのみでの固定だと、すぐにばらけてしまいます。そのために、ネジとナットで固定します。

次回はギヤボックスの組み立てとトルクアップの方法を解説していきます。